製造工程
ホーム > 製造工程(作業の流れ)

作業の流れ

印刷

オフセット印刷では、網点の集まりによって色表現を行っています。商品の内容を的確に伝えるための色再現が的確に行われなければなりません。CTPからネットワークによりインキデータを取り込みます。そのデータを使用することで校正通りの発色を実現します。


打抜

印刷された半製品を箱の展開図の形に打ち抜く工程です。1時間に7,000枚~8,000枚を打ち抜くために、高精度の切刃をつけた木型を用います。


ムシリ・トリミング

打抜作業の終わった印刷紙はその後、不要部分を取り除くトリミング作業を行います。トリミングマシーン2台を導入し作業の効率化・標準化を図っています。


貼り

紙器の貼り形態は、サック貼、ワンタッチ貼、四隅貼などニーズにあわせて様々な形態があります。これらを機械によって貼り合わせる最終工程です。